無響室_3:00a.m.

吐きたい事吐くための無響室。主に歌声合成ツール「UTAU」関連でつらつらと。反応は期待していない。だって無響室だもの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ピアさん家へお邪魔するには

なんか、もう、小五月蝿くてごめん。オカン並みのうっとおしさでごめん。
そろそろモノ作りな話がしたいです。
でも吐いとかないとすっきりしないから出すもの出しとこうとつらつら書いてったら…あれこれじゃ何かUTAUキャラの投稿望み薄くね?
UTAUとボカロが並び立つところは自分も見たいとは思います。
けどね、だからってクリプトンに甘えてばかりではいくら本家への憧れから生まれたものだといえど、ちょいとわがままかな、と思ったんだ。

あ、そうそう。
よく考えたら自分がピアプロ投稿についてぐだぐだ考えるのはUTAUで初めてってワケじゃなかったのですよ。
あと、今回すこぉしだけ、テトルコの話もします。

さてUTAU音源キャラのピアプロ投稿が何故駄目か。
それはVOCALOID製品でもなければVOCALOIDをモチーフとした創作では無いから。
ピアプロのトップ下にありますピアプロとは?を読むと…

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
『ピアプロ』は、ネットに分散しているクリエイター同士がお互いの得意なコンテンツ(例えば、オリジナル曲、イラストなど)を投稿し合い、協業して、新たなコンテンツを生むための"創造の場"を目指すものです。なお当面の間は、「初音ミク」「鏡音リン」「鏡音レン」「巡音ルカ」など、弊社のキャラクターと許諾を受けた他社キャラクターに限定してコンテンツの投稿を受付いたします。様々な分野のクリエイターが力を発揮する機会を提供することで、ピアプロダクションを加速し、CGMカルチャーを育てていきたいと考えておりますので、是非ご参加ください
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

設立当初は創作カテゴリも無く、本当に公式キャラクターオンリーだったわけですが、このカテゴリ新設の大きな要因となったのが「亞北ネル」「弱音ハク」の存在であることは、それなりに知られた事と思います。
ですが最近はこの二人の出自を知らず、ピアプロ創作カテゴリから生まれたものと思ってる方もいるような話を聞きます。
各所スレでの断片的な話なんで実際のところは分かりませんが、やはりごく最近ボカロにハマッたーというご新規さんに多いようで。
この意識の違いがあると、さてどんな事が起こるか。
「○○が投稿おkだから○○もおkだと思って…」の、うっかり規約無視の連鎖です。
実際テトルコを投稿している人は「他の亜種が投稿おkだからテトルコも大丈夫だよね?」で
さらにUTAUキャラを投稿する人は「テトルコが投稿おk(っぽい)からUTAUもおkだよね?」といった具合で。
実際のところピアプロでのテトルコの立ち居地はグレーなとこで中立派としてはあんまり話題にしたくないんです。
ガイドライン的な話をもちだすと、現投稿者がピアプロ規約的に限りなく濃厚な灰色状態になってしまうわけで…。

しかし通報削除が行われない、ピアプロが動かないのは何故か?
それは利用者にもピアプロにもどっちにもデメリットとなるから、ではないかと。
今すぐすべてのテトルコ絵に対し削除・投稿禁止が行われれば利用する側は大弱りだし、ピアプロへの反感も出るでしょう。
ピアさんは反感買いたく無いだろうし、中堅、古参離れが嘆かれてる今のピアプロへ一定のレベル以上の技量と意欲をもった新規を呼び込むことになったテトルコを排除するのは実にもったいない話。
公式のお膝元でありながらここまでよその子を許容してる理由はそんなとこじゃないかと、勝手に思ってますが。


さて話は変わりますが、ピアプロに投稿可能なのは
::::::::::::::::::::::::::::::::
なお当面の間は、「初音ミク」「鏡音リン」「鏡音レン」「巡音ルカ」など、弊社のキャラクターと許諾を受けた他社キャラクターに限定してコンテンツの投稿を受付いたします。
::::::::::::::::::::::::::::::::
って事でUTAUだけじゃなく自分の大好きなLaLaVoiceのおにーさんも投稿不可なんですよね。
自分がボカロにハマるきっかけを作ったのが、わんだらP・クラスボP・そしてLaLaPなんですが…
もう一年近く前ですか、うろたんだーで有名なuroeさんが描いたLaLaさんたちも一度上がったけど引っ込んだのは。(そういや最近チェックしてなかったからよくわからないけど、うろたん関係もジャスティス単体絵なんかは自重傾向にあるのかな?投稿者のコメントにそんな言葉がありましたが)
それを使って動画を作ったLaLaPも該当の動画を削除しようとしたんだけど、ニコはピアプロのような制限があるわけじゃないから大丈夫だよという事で今でも視聴が可能なんですけど、その動画を見てから「じゃぁLaLaさんはどこに分類されるんだ?」と悩んだ事があったわけです。

LaLaさんことLaLaVoiceは東芝の音声読み上げソフトで、読み上げの他にいくつかある機能の一つにLaLaSongというのがあって、五線譜に音符を入力することでボカロのように歌わせる事ができるんですね。
サンプリングボイスでなく本当の合成音声なのかな?たしか。しかも初登場は七年以上前。現在は東芝のPCに標準的にバンドルされています。
キャラクターはLaLaVoiceのおにいさん、おねえさん、おじいさん、おばあさん、女の子、男の子、ロボット×2
イラストは操作の際に小窓に表示されるつぶらな瞳のバストアップのみ。

で、ピアプロにある投稿用のカテゴリを見ると、「クリプトン公式」「他社ボカロ」「創作ボカロ」「素材画像」「その他」とありますね。
公式でもなく創作でもない、じゃあ東芝製品だし他社だな!と思いきやボカロじゃねぇじゃん、という落ち。
ここでUTAUはどこかな~と見てみると、やっぱり他社あたりに行きそうなものですがそもそも「社」じゃねぇじゃん、というダブル落ち。(これ重要)
ピアプロさんは将来的にはボカロに限らずあらゆるものを包括したサイトにしたいらしいから頼み込めばUTAUやLaLaVoiceも可能性はあるけれど、しかしそうなれば他社、もしくは個人作成の合成音声は今のカテゴリに入れることができない。
ならば新しく「その他合成音声キャラクター」ってカテゴリができればいいんじゃまいか?と思ったわけです。
そうすればLaLaさんもUTAUキャラも、アクエス系や他の読み上げに僧侶に白熊カオスにイク…は存在自体18禁だから無いとして、かなり間口が広くなるわけです。

ピアプロさんの目指す将来像に一歩前進ですね。

しかしここで問題が。
LaLaさん始め他社の管理下にある合成音声系はその会社に対しキャラクター使用の許諾を得れば済みますが、UTAUは音源のキャラクターごとに個人への交渉が必要で、さらに自分と轟兄弟のようにキャラクターと音源が別個になってるものもあるわけです。
社と個、この二つたいして変わらないようですがよく考えたら結構厄介な話。
社のキャラクターってのはそう簡単には増殖しないし、増えるなら事前に契約の見直しも同時に図られるでしょうし初めから「増えるかも?」を前提とした交渉ができます。
それに対し、(割と忘れられがちですが)“UTAU”は「UTAU」というソフトウェアと、一般提供の音源から成り立っていて、飴屋さんですら一般提供の音源を使うという点では自分達一般のUTAUユーザーとかわりなく、常に全音源を把握できているワケではない。
音源とキャラクターが別個のものはさらに一回り周知が遅れる。
音源作成者やキャラクター作った人が飴屋さんに「作った!」と報告する義務は無いし、飴屋さんはソフトウェア開発の意味で親元だけど取締役じゃないんだから管理する義務も無い。
それと同じくピアさんへ報告する義務も無いために新音源キャラクターの許諾関係は常に後手に回るでしょう。
一つの音源にかまってるうちにどんどこ増える。中には未成年者が権利を有するキャラクターもいて親巻き込んであれなにこれ面倒くせぇ。
UTAUというカテゴリの中にいても交渉は個なんですから仕方ない。

もう一つ、クリプトンさんががくぽや海外組の親元とどういう内容で契約・許諾を受けてるかは分からないけれど、いずれにせよ相手が「社」で在る以上ピアプロの活躍(宣伝効果的な)で利益が発生する事も考えられるわけで、そうなれば広告費的な利益もありうるんじゃないか。
そういったものがなくても各社間で新たなビジネスのチャンスが生まれる可能性は大きい。
テトやルコのように初めから一定数以上の支持者があるキャラクターはたとえ相手が「社」ではなく個人でも(実際はびっぱーという複数人ですが)ネルハクのように人を呼び込む呼び水となれるのであれば、言葉は悪いですが利用価値があると思うのです。
ところが個人発のキャラクターの場合、上記のような手間の割りにキャラクターを認可するメリットがとても薄い。

それでもピアさんがUTAUキャラ投稿を認めてくれたとして、各音源それぞれに認可までのタイムラグが発生するわけで「○○はまだ許諾済んでないから投稿不可」とか知らず、最初に言ったようなうっかり規約無視連鎖を助長してしまうんじゃないかと懸念があるのです。
じゃぁ早く許諾関係済ませてよーと音源配布者にねだるのはこれもう支援じゃなくて我侭だわな。


結論:pixiv行k 


結局のところこんな悩みが起こるのは投稿内容を限定してるピアプロ独特のものなんじゃないかしらんって事でpixivコモンズの出方次第ではキャラクターを限定しない分そちらの方に希望をもってる自分です。
(5/17:追記:UTAU音源キャラクタのイラスト投稿についてはpixivを推奨していますが“ピアプロのように気軽に画像利用しろ”と言っているわけではありませんよ。何故ならピアプロは二次利用を前提としたCGM型投稿サイトですが、pixivはイラストSNS。イラストの無断借用はがっつら規約違反だからです。Pixivコモンズどうなったんだよ結局。ていうかみんな利用する前にちゃんと規約読めよぉおおお空気嫁よぉおおお)

UTAUキャラ側のメリットは実際山ほどと思いますよ。ピアさんは絵だけじゃなく楽曲も置けるし、イラストでボカロとの絡みが増えれば同時に楽曲での絡みも増えて知名度は上がるでしょう。
公序良俗に反するものは最初から置けないからテト親さんたちの自殺率に悩むことも無いでしょう。
そういうのが嫌な中の人も安心して見に行けますね。

でも良くも悪くも発表の場はピアプロだけじゃないんだよなぁ。
絵も、音もね。

どういう訳か、ボカロ関係からネット上にイラスト公開するようになった人たちって盲目的にピアプロに頼っているように見えるんだよね。
以前からボカロ以外のジャンルでも描いてた人たちはpixivやその他投稿サイトとピアプロを上手い具合に使い分けてると思う。
仮にピアプロが無くなったとして創作の場はそこだけじゃないし、創作の自由自体はなくならないべさ。

もう少し悩みそうだけどいい加減飽きました。
そろそろ栄二に萌えてきます。ノシ



関連記事番号
http://wirbel3am.blog97.fc2.com/blog-entry-5.html
http://wirbel3am.blog97.fc2.com/blog-entry-7.html
http://wirbel3am.blog97.fc2.com/blog-entry-8.html←イマココ
http://wirbel3am.blog97.fc2.com/blog-entry-21.html
http://wirbel3am.blog97.fc2.com/blog-entry-47.html
  1. 2009/01/14(水) 00:02:45|
  2. キャラクタのあれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<リンク集なるものを | ホーム | UTAUキャラ、古今。そのに。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wirbel3am.blog97.fc2.com/tb.php/8-486e21ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Flashカレンダー

プロフィール

渦彦

Author:渦彦
わりと雑食な聞き専。
外の人ができました。
ついったー凱歌ニケbot

リンク

このブログをリンクに追加する

Twitter

最新記事

最新コメント

カテゴリ

雑記 (52)
UTAU (89)
キャラクタのあれこれ (18)
轟兄弟画像利用のガイドライン (1)
凱歌ニケ (14)

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

utapiano

こっそり置いてみる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。