無響室_3:00a.m.

吐きたい事吐くための無響室。主に歌声合成ツール「UTAU」関連でつらつらと。反応は期待していない。だって無響室だもの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カテゴリ違いかもしれない

一晩ぐっすり眠って頭冷えました。
昨日の異様なテンションはきっとあれです。
コレ↓
探偵ファイル~あぶない探偵~体験レポ!完全無音空間「無響室」で発狂?
長居し過ぎたんですよきっと。

以下少々愚痴要素あるんで注意です。
あと勝手に引用させていただきました事お詫びいたします。






丸二年?くらいでしょうか。UTAUにハマる前からやってる某SNSでお世話になってる方がいまして、ええと便宜上ここでは「塾長」とお呼びします。
で、昨晩の轟ふぃーばーの最中に、現在互助会スレで進行中の「UTAUキャラ中の人の二次創作許可範囲の質問テンプレ作成」のことで塾長のご意見を頂いたのです。
簡潔な内容なので部分抜粋せず全文を掲載させていただきます。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::
一番面倒いパターンねww

著作権は、
一次だろうが
二次だろうが
守られて当たり前。

だけどねぇ、
外に出す(見せる)なら
全関係者間で

①損しても良い部分
②最悪最低守るライン

キッチリconsensusを
得ないとね。


自分の権利分は
著作登録申請か
実用新案登録申請を
しておきなさい。


一人の手持ち分が
ハッキリすると、
他の関係者の権利も
守りやすくなるから。
::::::::::::::::::::::::::::::::::

で、渦彦さん思いました。


面倒くせぇ…


いきなり何だと怒らないで下さいね。
この塾長からのメールで、何かこう

子供達が公園でサッカーしてました。
そしたら高校生のおにーさんたちがやってきて公式ルールをおしえてくれました。
そしたら日本サッカー協会の人がやってきて審判はじめました。

子供やりずれぇwwww

みたいなものを感じたんですよ。

たとえ子供達のルールでもルールはルール、正しくても則っていても複雑化する事は改変するのと変わらないよね。

何が言いたいかというと、UTAUってオモチャで遊ぶのに
①壊さない②他人を傷つけない③自分が作ったと偽わらない・ばらまかない
といった感じの最低限のルールがあって、それに従ってれば何でも自由だった部分が「正しくしよう」とする事で急に動ける範囲が狭まったような感じがするのです。
実際音源の中の人たちは音源に対する許可範囲の明示は心得ていても付随するキャラクターに対してはその意識が薄いですよね。
だって声さえあれば「それ」なんだもんさ。

でも声ありきのキャラクターであるが故にこんな現象が起こるんですよね。
このへんは、百兎さんがキャラクターのカップリングについてでブログで述べてた心配に非常に近いです。
http://clodear.blog54.fc2.com/blog-entry-25.html

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 UTAUキャラクターは第一の特徴として「声」を有しています。「声」は実在する人間が吹き込んでいるものであり、さらにUTAUキャラクターはその「声」を主体としています(声さえあれば成立するので、姿や性格、設定も全部おまけです)。
 ですから、UTAUキャラクターは基本的に2次元キャラクター(現実世界と隔たれているキャラクター)ではなく、2.5次元キャラクター(一部実在の人物に依存しているキャラクター)だと考えます。例えば、容姿も出演者に依存するテレビドラマのキャラクターも、実在の人物に依存したキャラクターです。そう表現すると、私がなぜUTAUキャラクターでカップリングを避けてきたかがわかると思います。
 私は中の人の権利――肖像権とかそういうの――を侵害してしまうことを恐れているわけです。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

やろうとしている事はあくまで「音声を伴わない場合」の二次創作の可能範囲のあぶり出しな訳ですが、それは音源の中の人自身とも直結していると言っても過言じゃありません。
それがたとえ第三者が「声」からのイメージで創造した「姿(キャラクター)」であっても、「声」にラベリングされた「名」によって繋がれている以上配慮は当たり前の事だと思います。

自分が技量云々抜きで「妄想はできても創作はできない」って言う理由。
形にして発表してしまうとどんなものだって微弱ながら影響力を持つからね。
大多数を形成する一片になっちゃうんですよ。ジャンル形成っていう。


だから「安全に二次創作したいから可能な範囲を割り出そう」って今回のテンプレ作成なんだけどね。一巡りしちゃったよ。


本気で著作権を守ってこうとなったら塾長の言葉どおり面倒だろうがナンだろうが法的な処置をしなければならない事態も待ち受けているだろうとは思います。
でも今はまだ、この狭い範囲での緩さを保っていたいという気持ちもあります。
テトルコですらカラオケ化が商用利用が云々かんぬんとかいう話になると「何気の早い事言ってんだ調子乗るな」って凸ってくる人がいるくらいですからねぇw
変に騒いで出る杭打たれるようじゃあんまりだし。

ていうかさ、またしても飴屋さんとういか「UTAU」が置いてけぼりになってる気がす。
いや関係ないっちゃ関係ないんだけどさ、なんかびみょん。

  1. 2009/01/31(土) 20:44:30|
  2. キャラクタのあれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<孤独嫌いは愛すべき馬鹿 | ホーム | 本気で何なんだ今日は…>>

コメント

やっと

探偵ファイルの引用があって吹きましたww百兎です。

渦彦さんの文章で、ユフの中の人がおっしゃっていたことがや~っと判りました;(遅い
>「これはやらないでほしいな」と言うのと、「これはやってもいいよ」と言うのとでは、なにか……
私がやりたいことは前者ですが、たぶん多くの方が私は後者をやろうとしていると感じていらっしゃるのでしょうね。

この誤解は迅速に解かねばならないと思い、文章書いてきました。
http://clodear.blog54.fc2.com/blog-entry-52.html
暇で暇で仕方がなくなったときにでも目を通していただければと思います(渦彦さんの観点にとても尊敬しているので、ぜひご意見をおうかがいしたいと思います)
  1. 2009/02/01(日) 02:44:11 |
  2. URL |
  3. 百兎 #8tOhFVZc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wirbel3am.blog97.fc2.com/tb.php/31-0ec19d94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Flashカレンダー

プロフィール

渦彦

Author:渦彦
わりと雑食な聞き専。
外の人ができました。
ついったー凱歌ニケbot

リンク

このブログをリンクに追加する

Twitter

最新記事

最新コメント

カテゴリ

雑記 (52)
UTAU (89)
キャラクタのあれこれ (18)
轟兄弟画像利用のガイドライン (1)
凱歌ニケ (14)

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

utapiano

こっそり置いてみる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。